【株式投資の始め方】株の基礎知識やおすすめの証券会社をご紹介

スポンサーリンク

こんにちは!ゆうきです。

私は大学生のときに株式投資を始めて、投資歴はもうすぐ2年となります。まだまだ初心者の域は抜けてはいませんが、少しずつ投資先も増やしてみたりして安定した運用を目指して投資をしています。私は初めて配当金をもらえたときの喜びを忘れることができず、主に配当金目当てで株を買っています。

ネットでは「1日で何百万円稼いだ!」「テンバガーで大儲け!」などそそられる内容の記事も多いですが、「株で大損してしまった…」「借金まみれでどん底人生」というマイナスなイメージをお持ちの方もいると思います。

結論から言ってしまうと、言い方はよくないですが自分の身の丈に合った投資をしていけば大損したり、借金まみれになってしまうようなことはありません

「株式投資始めてみようかな…」と軽い気持ちで始めた私ですが、今まで大損したことはなく、もちろん借金はありません。毎年の収益もプラスになっています

新しいことをするときに怖がるのは非常に重要なことだと思うので、たくさん調べるべきだとは思います。しかし、株式投資を必要以上に怖がる必要はないです。銀行に貯金しておくよりも賢いお金の活用法なのは間違いありません。

ここでは、株式投資を始めるための具体的な手順と株式投資の基礎知識についてまとめていますので、ご参考いただければ幸いです。

 

株式投資をする前に知っておきたいこと

少ない金額からでも始められる

「株は少ない金額でははじめられないのでは?」と思っている方もいるかもしれません。しかし、5万円ほどで買える銘柄もたくさんあります。例えば、アメリカ株は1株から買えるので、2000~3000円ほどの金額で株主になることができます。最近は、国内株を1株から買える証券会社も増えてきたので、より手軽に投資を始められる環境が整ってきたと言えるでしょう。

 

銀行に預けておくのはもったいない

「使わないお金は銀行口座に貯金してます」という方は結構多いと思います。確かに、銀行口座のお金は滅多なことがない限り、減ったり引き出せなくなることはありません。しかし、その分銀行の金利は低めに設定されており、高めのネット銀行でさえ0.1%ほどです。

それに対して、株は配当や株主優待を金銭換算した場合に2〜3%を超える銘柄が多数存在します。配当利回りが8〜9%といった超高配当株もあります。買ったときよりも高い金額で売れれば売却益も発生します。

ただし、株式投資では元本は保証されていませんのでお金が減ってしまう可能性もあることから、銀行に預けておくよりもハイリスクです。デイトレーダーを目指すわけではないので、まずは低リスクの銘柄を長期保有目的で購入するのがおすすめです。

 

「大儲け」しようとしてはいけない

「1日で何百万稼いだ!」みたいに短期間で大儲けする人はいますが、初心者のうちから真似をするのはやめましょう。まずは堅実に長期保有目的で買っていくことをおすすめします。株は勉強していく必要があるものなので、いきなりやってすぐに大きな利益が出せるようなものではありません。

大儲けしようとして信用取引や先物取引などはしないようにしましょう。思ったように株価が動かなかった場合には最悪破産のリスクもあります。何年もの投資を重ねて、十分知識がついた人のみが手を出して良い手法です。



株の仕組みを知っておく

株の投資を始める前に「株の仕組み」を知っておきましょう。実際に株の取引をする前に「取引はどこで行われているのか」「そもそも株って何なのか」といった基本的な知識をつけておくと安心です。

株って一体何?

株は企業が運営資金を集めるためなどに発行しています。企業が資金を必要とした際に思いつくのは銀行から融資を受けることだと思います。しかし、銀行から融資を受けた場合には借りたお金+利子を期限までに返済する必要があります。

一方、株を発行して資金を調達すると株には返済義務はなく、利子を支払う必要もないので、企業にとっては大きなメリットです。企業に利益がでた場合には、株主優待や配当として株を持っている投資家にリターンする場合もあります。

投資家は株を買うことで株主になることができ、株主総会で意見を言える権利をもらうこともできます。経営権は株式の10%を持っていれば10%、株式の20%を持っていれば20%というように所有している株の割合によって異なります。ただし、個人株主が保有している株数は1%にも満たない場合が多いので、経営を左右するほどの決定権を持つのは難しいでしょう。

 

株価はどうして上下するのか

株価は上がったり、下がったりします。配当や株主優待だけではなく、購入時と売却時の差額からも利益を得ることができます

株価は株式を「買いたい人」と「売りたい人」によって決まります。そして取引が成立するのは、株を買いたい人と売りたい人の株価が一致したときです。買いたい人が多いときほど株価は上昇し、売りたい人が多いときは株価が上昇していく傾向にあります。

また、株の取引は買い手と売り手の需要と供給によって成り立っているため、いつでも株を買ったり売ったりできるとは限りません。注目されていない株や取引が活発に行われていない株では、注文を出しても売買できない場合もあります。

 

株はどこで取引されるの?

株は企業が発行していますが、企業が売買を行っているわけではありません。証券会社に売買の注文をし、証券会社が証券取引所に注文を出すことによって、株の売買を行います。

株式は24時間取引を行うことはできません。平日の9:00〜11:30(前場)と12:30〜15:00(後場)の計5時間に取引が行えます。ネット証券などでは、土日祝などの取引時間帯以外に注文を出すことができます。その場合は、翌営業日の9時に注文が実行されます。



証券会社を選ぶ

株を取引するには証券口座を持っていなければなりません。証券会社には総合証券とネット証券がありますが、売買手数料が安く、取引商品やサービスが充実しているネット証券がおすすめです。

総合証券は、窓口で担当者に直接相談することができるというメリットがありますが、手数料が高く、あまり魅力的でない銘柄をおすすめされてしまう場合もあります。それに対して、ネット証券はインターネット環境があればスマホやパソコンから手軽に注文することができ、手数料も安い会社が多いです。

 

証券会社の選びのポイント

証券会社を選ぶ上でのポイントを4つ挙げます。

  • 手数料が安い
  • 商品の充実度
  • 投資情報・サービスの充実度
  • 画面の操作しやすさ

どの項目を再重要視するかは投資スタイルによりますが、まずは手数料が安いところを選ぶとよいでしょう。

 

おすすめの証券会社

上記の証券会社選びのポイントを満たす、株初心者におすすめなのはこちらの2社になります。今回紹介する証券会社は口座開設費や維持費などはかかりません。口座開設には数日かかるので、取引したいときに取引できるように、とりあえず登録しておくことをおすすめします。

 

口座数ネット証券No.1【SBI証券】

  • 手数料が安い
  • 口座数ネット証券No.1
  • 2020年 オリコン顧客満足度調査ネット証券第1位

SBI証券の口座数は480万(2020年2月)を超えネット証券の中ではNo.1です。手数料が安いのも魅力的で、株・投資信託・IPO銘柄など商品ラインナップも豊富にあります。投資初心者から上級者までずっと使える証券会社です。

>>SBI証券の口座開設ページはこちら

 

圧倒的なサービスの充実度【楽天証券】

  • 手数料が安い
  • 楽天ポイントで投資ができる
  • 投資情報・サービスが充実

楽天銀行もSBI証券と同じように手数料が安く、口座数もSBI証券に次いでネット証券No.2です。商品ラインナップも豊富で、日経テレコン21(楽天証券版)を無料提供しているなど、投資情報やサービスが充実しています。

楽天ポイントを使って投資ができるのが魅力で、楽天ポイントが貯まっている人・まずは少額から始めてみたい人にはぴったりです。

>>楽天証券の口座開設ページはこちら

 

LINE証券口座開設

証券口座へ入金する

証券口座を開設しただけでは取引はできません。取引を開始するには口座に入金しておく必要があります。上でおすすめした2つの証券会社は即時入金サービスに対応しており、ネット銀行と連携することによってリアルタイムで入金することが可能です。ネット銀行をお持ちでない方は、口座を開設しておくことをおすすめします。即時入金サービスに手数料はかからず、とても便利なので、楽天銀行もしくは住信SBIネット銀行を開設しておくとよいでしょう。

 

株式投資に役立つ情報サイト

株式投資に役立つ情報サイトをまとめています。ぜひブックマークに入れておいてください。

Yahoo!ファイナンス

https://finance.yahoo.co.jp/

投資や金融の総合情報サイトです。日本の投資家であれば誰しも一度は利用したことがあるといっても過言ではないほどの超有名・優良サイトです。

情報量は圧倒的で、国内サイトの中では最大級です。トップページを見ると圧倒されるほどコンテンツも充実しており、金融に関する情報を調べる際にまずはこのサイトを見るのがおすすめです。

 

会社四季報オンライン

https://shikiho.jp/

四季報は銘柄探しにはとても重宝します。紙媒体のものでもいいのですが、オンラインの方が見やすくまとまっていたり比較がしやすいので便利です。

有料版に登録すると過去分も読むことができるので、登録しておくのもよいでしょう。

 

トレーダーズ・ウェブ

TRADER'S WEB
トレーダーズ・ウェブは、株式・FX情報を配信する総合投資情報サイトです。株式ニュース、FXニュース、中国株ニュース、株価、チャート、経済指標はもちろん、レーティング、話題の銘柄、225先物手口、IPO情報といった人気の株式情報も無料で提供しています。

こちらも株をやっている人なら知らない人はいないであろう株式などの総合投資情報サイトです。

個人・法人向けの情報サービスも充実しており、見やすく使いやすいので初心者にもお勧めです。

 

最後に

株式投資は正しい運用をすればお金を失うことはほとんどありません。しかし、一攫千金を目指してやろうとすると失敗するリスクが高まります。挑戦して大きく負けてしまうとそれを取り返すのは至難の技です。先物取引や信用取引といったハイリスクなものには手を出さず、長期保有でちょこちょこ増やしていくことが最善の方法です。

続けていくことによって、自分に合った投資方法を見つけられると思いますので、まずは少額から初めてみて、少しずつ投資額を増やしていくのも手だと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました