楽天証券での積立はクレジット決済一択!その理由や手続きの方法をご紹介

投資信託
スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは!ゆうきです。

楽天証券では投資積立の引落方法として楽天カードクレジット決済を行うことができます。決済額に応じて楽天スーパーポイントが貰える素晴らしい制度なので活用しない手はありません。

「投資を始めようと思っているけど損するのは嫌」「何から始めたらいいかわからない」という人はまずは少額から始められる投資信託を検討してみるとよいでしょう。

>>まずは投資信託から始めよう!投資信託を初心者におすすめする4つの理由

 

楽天証券は毎月100円から積立することができるので少ない資金から始めることができるのでおすすめです。

>>楽天証券は100円から投信積立できる!!手続きの仕方やおすすめ銘柄は?

 

今回は、楽天証券で楽天カードクレジット決済の魅力と楽天カードで投資信託を積立する方法についてまとめました。

 

楽天カードを持っていない方は、是非作っておくことをおすすめします。楽天カードは年会費無料で、楽天市場でポイントがいつでも2倍(毎週金曜日は3倍)獲得できるのでよりおトクにお買い物ができますよ。

>>今なら楽天カードに入会すると5000ポイント貰えます

 



楽天カードクレジット決済のメリット

投信積立の引落方法として楽天カードクレジット決済を選択することができます。毎月の上限は50,000円までで、一度設定が完了すると毎月1日に自動的に積立が行われます(もちろん途中解約は可能です)。

また、ポイント利用の設定を行うと、楽天スーパーポイントや楽天証券ポイントを毎月の積立額に利用することができます

何より最大のメリットは100円につき1ポイントが楽天カードから楽天スーパーポイントを獲得することができることです。

例)

毎月10,000円積立 → 毎月100ポイント獲得 → 1年間で1200ポイント獲得

毎月50,000円積立 → 毎月500ポイント獲得 → 1年間で6000ポイント獲得

クレジットカードで決済ができるのは毎月50,000円までなので1年間で最大6000ポイント獲得することができます。もちろん獲得したポイントは楽天市場で利用することもできますし、投資信託の買い付けにも利用することができます。

 

楽天証券では投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントを獲得できるサービスもあるので是非活用してみてください。

>>楽天証券太っ腹すぎ!!投資信託を持っているだけで毎月楽天ポイントが貰えます

 

楽天カードクレジット決済の設定方法

楽天証券では毎月12日が翌月の積立の申込締切日となっているので、翌月から始めたい場合には今月の12日までに申し込みを済ませておきましょう。申し込みが完了すると翌月から毎月1日(休業日の場合は翌営業日)に自動で積立が始まります。

楽天カードの支払日は毎月27日になっているので、引落口座の残高を忘れず確認しておきましょう。

 

ここからは楽天カードクレジット決済の設定方法をご説明していきます。

まずは楽天証券のwebページにログインしてください。

ログインできたら「投信」をクリックしてください。

投資信託のトップ画面が表示されます。

投資信託の銘柄が決まっている場合は「検索窓」から検索してください。

もしくは「投信スーパーサーチ」から検索することができます。

まだ決まっていない場合はトップ画面のランキングなどを見て選ぶか、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

>>楽天証券は100円から投信積立できる!!手続きの仕方やおすすめ銘柄は?

買いたい銘柄が決まったらその銘柄をクリックします。

積立注文ができる銘柄であれば緑色の「積立注文」をクリックします。積立注文ができない銘柄は「積立注文」のボタンが表示されません。

つみたてNISAで注文する場合は下の方の「積立注文」をクリックしてください。

コロナウイルスが流行したあたりのスクショなのでめちゃくちゃ基準価額が下がっていますね。こういうときに購入できると経済が回復してきたときにより利益を得ることができます。

 

「積立約款同意状況」の画面に遷移されるので「閲覧する」を選択し、書面を確認した後「同意する」をクリックしてください。

「①引落方法と積立指定日を選択」から「楽天カードクレジット決済」をクリックしてクレジットカード情報などを入力し、「登録」をクリックしてください。

楽天カードクレジット決済の下に「登録済」と表示されていればカードの登録は無事完了です。

 

続いて「②積立金額を入力」から毎月の積立金額を100円から1円単位で入力してください。楽天カードクレジット決済は月額上限50,000円までになります。

 

オプションの「ポイント利用設定」ではポイントを利用するかどうか、ポイントの利用方法を設定することができます。クレジットカード決済の利点をフルに活用したい方は「ポイントを利用しない」を選択して、貯まったポイントは他の投資信託の買い付けなどで使うのがおすすめです。

「③分配金コースを選択」では再投資型がおすすめです。

 

「④口座の選択」ではNISAの枠が余っていればNISA口座を選択するのがよいでしょう。

 

オプションで「ボーナス設定」をすることができます。ボーナス指定月は2つ設定できるので、ボーナスに合わせて投資金額を増やしたい場合には設定しておきましょう。

 

全ての入力を完了したら「目論見書の確認へ」をクリックしてください。

目論見書と約款を確認し「注文内容確認へ」をクリックしてください。

確認画面が表示されるので、注文内容に間違いがないことを確認した上で「④取引暗証番号の入力」に暗証番号を入力して「注文する」をクリックしてください。

 

これでクレジットカード決済での投信積立設定は完了です。翌月または翌々月から自動的に積立されます。

 

先ほどもお話ししましたが上限は50,000円までとなっているので、年間に獲得できる最大ポイントは6,000ポイントとなっております。これだけで既に1%分の利益を獲得できてしまうのでめちゃくちゃお得ですよね。

楽天では他にも投資信託を保有しているだけでポイントをもらえるサービスなどもありますので両方とも活用してポイントをザクザク貰いましょう!

>>楽天証券太っ腹すぎ!!投資信託を持っているだけで毎月楽天ポイントが貰えます

>>今なら楽天カードに入会すると5000ポイント貰えます

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました